リノベーション設計&インテリアデザイン
メニュー
DECORホーム >> ブログ >> アート >> ロンドン エアビー(Airbnb)体験記

ロンドン エアビー(Airbnb)体験記

こんにちは。デコール東京・飯沼でございます。

ロンドンはホテル事情がよくないので(高いので)、エアビーを利用することもあります。

前回のエアビー体験がなかなか面白かったので、ご紹介いたします。

展示会シーズンに、BIID(英国インテリアデザイン協会)仲間3人で宿泊しました。

エアビー とは

エアビーとはAirbnb(エアー・ビー・アンド・ビー)を略したもの。

民泊です。

もともとイギリスには、B&B(ビー・アンド・ビー)がありました。ベッド&ブレックファースト(bed & breakfast)の略です。

小規模で宿泊と朝食のみを提供し、比較的低価格です。

普通のお家のようなところも多く、場合によっては、オーナーの家の一部だったりします。

この概念を仕組み化して、「貸したい人」と「借りたい人」のマッチングを行ったウェブサイトが、エアビー(Airbnb)で、サンフランシスコに本社を置く非公開会社、Airbnb, Inc.が運営しています。

世界192カ国の33,000の都市で80万以上もの宿を提供しているそうですよ。
https://www.airbnb.jp/

ロンドン、サウスケンジントン地区のタウンハウス

私たちが宿泊したのは、ロンドン西寄りの落ち着いたエリア、ケンジントン地区。

タウンハウスと呼ばれる集合住宅の1階のお部屋でした。

ロンドンエアビー

この左側に見える窓のお部屋です。

ロンドンエアビー

カーテンが吊ってありませんね。

夜の到着でしたが、他のお宅もカーテンを使っていないところが多く、家の中が見えます。

ロンドンエアビー タウンハウスの窓辺

ロンドンエアビー  タウンハウスの窓辺

ロンドンエアビー  タウンハウスの窓辺

人の家の中を写真に撮るのはNGですが、ごめんなさい、コソっと少しだけ。

アートがたくさん飾ってある様子がわかりますね。

私たちが予約していたところも、アートが目印になり、「あ、このお宅だ」とわかりました。

ロンドンエアビー  タウンハウスの窓辺

ホストはこの家の住人、40代くらいのキュートな女性

出迎えてくれたホストは、ここに住む40代くらいの女性。一人暮らしです。

なんと、今の今までここに住んでいて、私たちが泊まるので、1週間分の荷物をまとめてどこかに出て行くのでした。

夏のバケーションの時期などに、自宅を貸し出したり、自宅のゲストルームを貸し出すというのはよくあります。

私もそのようなところにも泊まったこともあります。

でも、予約が入ったときに自宅を出て行くというスタイルははじめて。(実際にはこれもよくあるようですが。)

翌日からは、ホストに変わって宅配便や郵便物を受け取ったりもしました。

そして、途中、お洋服が足りなくなってしまったようで、「明日の夜7時に取りに行きたい」と連絡が入りました。

その日、夜8時すぎに戻ると、ホストがまだいて、「Sorry sorry sorry sorry…」
と言いながら、ベッドに広げたお洋服を急ぎ選びとってパッキングする、という感じでした。

どうぞごゆっくり・・・と言いながら、思わずクスリと笑ってしまいました。

国が違っても、女性がやることは、大体同じですね。

室内とインテリアはこのような感じです

リビングルーム。

ロンドンエアビー  おしゃれなリビング

ヴィクトリア時代のタウンハウスの1階は、天井が高いことが特徴です。

書棚の中には、プリンターや文房具類もあり、必要なものが美しく納まっています。

ロンドンエアビー  おしゃれなリビング

テレビは向かって左の家具の中です。

ロンドンエアビー テレビ

ロンドンエアビー  テレビ

キッチン。コーヒーや紅茶、調味料などは使わせていただきました。

ロンドンエアビー  キッチン

メインのベッドルーム。奥にはバスルームがあります。

ロンドンエアビー  おしゃれなベッドルーム

クローゼットは、私たちのために、このくらい空けておいてくれました。

ロンドンエアビー  クローゼット

ゲストルーム。

ロンドンエアビー  ゲストルーム

廊下。

ロンドンエアビー  インテリア

女性の一人暮らしにしては贅沢ですが、とても使いやすい間取りでした。

*****

こちらのエアビーの料金は、一泊約3万円。私たちは1週間滞在したので、21万円ほどになります。ホストがエアビーに支払う手数料は3%。

家をきちんと整えておくことで、家が稼いでくれるのですね。

私たちは、3人で宿泊だったので、1人一泊1万円ほど。ホテルが高いロンドンの中心地では、1万円程度ですと、本当に狭いところにしか宿泊できません。

リーズナブルに泊まって、仲間と広いリビングに集ってワイワイとインテリア談義。

快適で愉快な宿泊体験となりました。

ロンドンエアビー  素敵なリビング

先日のオンラインイベントでは、このお宅のことを更に詳しくお伝えして、ディスカッションも行いました。

イベントはまたやりたいと思っていますので、ご案内を希望される方は、ぜひメルマガにご登録ください。

メルマガの登録はこちらからお願いいたします。

飯沼朋子(建築士・インテリアデザイナー)
機能重視で美しく! ご新築、リノベーション、リフォーム、インテリアコーディネート等、住まいづくりにに役立つコンテンツを書いています。