インテリアデザイン&アカデミー
メニュー
DECORホーム >> ブログ >> 英国より >> 1分でわかる『ダウントン・アビー』の世界

1分でわかる『ダウントン・アビー』の世界

こんにちは。 デコール東京・飯沼でございます。

11月15日のデコール通信をお届けいたします。

先日、映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』を観ました。

全体的にとてもよかったです。

そこで、今号は、このドラマシリーズを観ていない人にもわかるよう、『ダウントン・アビー』を解説します。

なお、この記事は、月2回のメルマガ「デコール通信」を編集したものです。

メルマガのご登録はこちらからお願いいたします

1分でわかる『ダウントン・アビー』の世界

・ダウントン・アビーって何?
・イギリスの貴族ってどんな感じ?
・カントリーハウスのインテリアに興味ある

というあなたへ、公開中の映画をより楽しめるよう解説してみます。

私自身、現在公開になっている映画しか観ていません。

イギリスのドラマシリーズの劇場版なのですが、私は、ドラマの方は全く観ていないのです。

ですが、少し調べたらある程度わかりましたので、私のように『ダウントン・アビー』をよく知らない方でもより楽しめるよう、概要をお伝えしたいと思います。

◆ダウントン・アビーとは?

ダウントン村の大邸宅という意味です。

架空のカントリーハウス(=大邸宅)が舞台ですが、実存するハイクレア城で撮影されています

◆ストーリー

1912年―1928年、史実や社会情勢を背景に、貴族と使用人たちの生活が描かれています。

毎回外部から何らかのトラブルが持ち込まれ、それをダウントン・アビーに暮らす人(クローリー家の人々と使用人たち)が解決していくというシリーズです。

ただ、このシリーズの根幹をなすものは、先代から預かったこのお屋敷を守り、次の世代に継承すること。

それは案外大変なことのようで、映画では屋根の雨漏りの修繕費用を捻出するために、ハリウッドの映画撮影にお屋敷を貸し出すことにして、ドタバタ劇が始まります。

◆映画の見どころ

1)貴族と使用人の関係

貴族と使用人は役割が違うものの、このカントリーハウスを守るために共に暮らしています。

使用人もその仕事にプライドを持ち、時には貴族との友情すら感じられます。

当時の貴族と使用人の関係を理解することができます。

2)新しい時代へ

世界大戦などがあり、アメリカの存在感が増している激動の時代。

イギリスのカントリーハウス文化もいずれは崩壊することを、ダウントン・アビーで暮らす人々も予感しています。

しかし、そこには新しい時代への希望も描かれています。

『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』というタイトル通りですね。

3)インテリア

もちろん、インテリアも必見です。

カントリーハウスのインテリアとは?

美空間スタイリストの皆さんは、本質・セオリーを感じ取ってくださいね。

ファッションも素敵です。

以上、簡単ですが、概要と見どころをお伝えしました。

丁寧に作られた脚本で、この映画だけでも十分に楽しめます。

興味があれば、前作の映画やドラマシリーズも見てみるのもいいですね。

お知らせ

◎好きを仕事に!美スタビズ 受講生募集中です。

インテリア、リノベのノウハウ、そしてビジネススキルも身につきます。
https://www.bista.jp/type03.php

無料説明会(相談会)はこちらから。
https://www.bista.jp/briefing.php

◎須藤美保さんの個展開催中です。

フジギャラリー新宿では、現在須藤美保さんの個展を開催しています。
https://www.fuji-gs.jp/exhibition/mihosudoh2022/

須藤先生には、以前、オーダーでお願いしたことがあります。
その時のブログがこちらです。
インテリアにおすすめのアート(絵画)|須藤美保「華詞」シリーズ

◎リノベーション承ります

年内スタートの受付は終了していますが、
お早目にお問合せください。

編集後記

家では、連続ドラマなどを観ることがありません。

何かと気忙しく、自宅でソファに座ることがほとんどないのです。

そのくせ、映画やお芝居は大好きです。

最近では、ご紹介した映画のほか、舞台『薔薇とサムライ2―海賊女王の帰還』を観ました。

こちらはシリーズで観ていますが、今回もよかった!

天海祐希さん、素敵すぎます。

よかったら、こちらも超オススメです!
http://www.vi-shinkansen.co.jp/barasamu2/

それではこの辺で。

いよいよ寒い季節がやってきますので、ご自愛の上お過ごしください。

今号も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

飯沼朋子(建築士・インテリアデザイナー)
機能重視で美しく! ご新築、リノベーション、リフォーム、インテリアコーディネート等、住まいづくりにに役立つコンテンツを書いています。