インテリアデザイン&アカデミー
メニュー
DECORホーム >> ブログ >> 家具&装飾 >> 高価な家具を買っても素敵にならない理由

高価な家具を買っても素敵にならない理由

こんにちは。 デコール東京・飯沼でございます。

10月になりました。

今月は、日本最大級のインテリア見本市「JAPANTEX」があり、メインステージのセミナーに登壇します。

与えたれたテーマは、「インテリアは生き方」

この当たり前のようなテーマで、何をどう話そうかと関係者と話しているところです。

そこで今号は、関連して

「高価なインテリア用品を買っても素敵にならない理由」

というテーマでお届けしたいと思います。

なお、この記事は、月2回のメルマガ「デコール通信」を編集したものです。

メルマガのご登録はこちらからお願いいたします

高価な家具を買っても素敵にならない理由

芸能人や富裕層などのインテリアを見ることがあります。

・これはイタリアから取り寄せました。
・これはウン百万円しました。

などありますが、正直、それほど素敵な部屋ではありません・・・(汗)

それはなぜでしょう?

 
・空間全体が調和されていなかったり、
・空間が殺風景だったり、
・どこかのショールームのようで、人が住む温かみや個性がまるでない

からです。

 
その反対、家具が安価なものだったとしても、

・調和されていて
・殺風景ではなくて
・その人らしいセンスや個性が感じられたら、

とても素敵なインテリアになります。

 
洋服だってコストに関係なく、うまく組みあわせてとびっきりおしゃれで素敵な人っていますよね。

 
素敵なインテリアとは、

組み合わせと調和
その人らしさ
そして、飾る感覚もとても大切です。

・ソファにクッションを置いたり、
・壁の一面を工夫したりアートを飾ったり。
・キャビネットの上には「らしい」装飾品。

少しずつ自分らしいものを選び抜いて、飾っていけるといいですね。

そうすると、インテリアには「生き方」が自然と反映されるものですよね。
 

誰もが独自の素敵なセンスを持っています。

高価なもので揃えなくても素敵になるというのが、インテリアのいいところ、面白いところです。

 
とは言っても、具体的にどこから手をつけていいのかわからない方は、

・専門家に相談する
・インテリアの勉強をする

といった方法があります。

ご相談承ります^^

お知らせ

◎青木さん個展に是非。

フジギャラリー新宿では、青木さんの個展開催中です。

アートは好みがありますが、凛として華やかなブルーやグリーンの作品は多くの方に好まれるでしょう。

上質空間におすすめです。

フジギャラリー新宿 青木さん個展
 

◎美空間スタイリスト養成講座、残席わずかです。

ご自宅を素敵にしたい方向けの「美スタパーソナル」

ワンランク上を目指したいプロ向けの「美スタプロ」

間もなく開講です。
美空間スタイリスト養成講座
 

◎好きを仕事に!

10月のテーマは家具。

どんな家具のメーカーがあるの?

どうやって仕入れるの?

オーダー家具をつくりたいときは?

など、実践的な学びができる仕事の塾です。
美スタビズ
 

◎美スタソサエティのご案内

講座を終了した美空間スタイリストのための会、「美スタソサエティ」は、修了生であれば、いつでも入会いただけます。

10月はロンドンのメンバーから、新作が揃った現地の様子をリポートする予定です。
詳細はこちら
 

◎インスタ始めました。

私、飯沼朋子(デコール東京)のアカウントです。
https://www.instagram.com/tomokoiinuma/

英国流インテリアデザイン塾のアカウントです。
https://www.instagram.com/bista.jp

どちらかでつながってくださいね。

編集後記

芸術の秋。

今月は「瀬戸内国際芸術祭」に行く予定にしています。

実ははじめてなのです。

高松で活躍する同業の知人が誘ってくださり、とても楽しみにしています。

リアルの会合も増えてきました。

コロナ対策もしながら、秋を楽しみたいものですね。

皆様の秋が実り多きものになりますように。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

飯沼朋子(建築士・インテリアデザイナー)
機能重視で美しく! ご新築、リノベーション、リフォーム、インテリアコーディネート等、住まいづくりにに役立つコンテンツを書いています。