インテリアデザイン&アカデミー
メニュー
DECORホーム >> ブログ >> アート >> インテリアに合わせてアートを購入する若い女性たちの話

インテリアに合わせてアートを購入する若い女性たちの話

こんにちは。 デコール東京・飯沼でございます。

前々回のブログで、入江清美さんの個展のご案内をしたのですが(関連記事:入江清美さんⅹアレキサンダー・ラモントの企画展示が素敵!)、

その件で、フジギャラリー新宿の原田さんから、メルマガが届きました。

30代前半くらいの女性が、アートを購入していく・・・ということに関し、原田さんの嬉しい思いが書かれた文章でした。

一部抜粋して、ご紹介しますね。

 

ーーここから引用ーーー

インテリアにぴったりのアートとして、入江 清美展は予想外の大反響です。

中でも意外なのが、まだ30代前半と思しき女性が、悩みに悩み抜いてご購入くださること。

入江 清美の作品は、作家自身の方針により価格は非常に控えめになっていますが、それでもそれなりの大きさを買おうとすると、20万円のお買い物になります。

それぐらいの年齢のとき、私は何を買っていたかなあ、と考えると、シャネルやグッチのバッグだったのですが(笑)、アートを買う方がよほど上品なお金の使い方だなあと思います。

(中略)

なにより、新型コロナで外出自粛が叫ばれる中、ご来店いただくお客様にとっては、絵を見ることが「必要で緊急」。

「この1年間、絵難民なんです」とおっしゃっていて、そう、必要な人にとっては、絵は絶対に必要だから、気に入ったものを手に入れるまで、落ち着かないものなのです。

そしてそのお手伝いができることを、とても嬉しく思います。

ーーここまでーーー

 

私が週末にギャラリーにいた時も、ご自宅の図面と写真を持って、はじめてフジギャラリー新宿に来たという女性がいました。

ちょうどお客様が途切れたタイミングで、入江さん、原田さんも交えて、「どんな絵をどこに飾るのが効果的か」という話をしました。

上記メルマガに出てくる女性たちとは、また別の方ですが、やはり、20代後半ー30代前半くらいの方でしょうか。

その日、入江さんの在廊日にあわせていらっしゃったのですが、なんと、私のブログを読んでくださっていた方でもあり、私がそこにいたことを驚いていらっしゃいました。

私も期せずして読者の方にお会いすることができ、驚き、大変嬉しく思いました。

その方に、このブログが目に止まることがあるでしょうか。

引き続き相談に乗りますので、ご連絡くださいね。

 

今、YouTubeでルームツアーが流行っていていますが、ミレニアム世代が多いですよね?

この層は、インテリアに関心がある人も多く、色々なものを組み合わせて上手に素敵なインテリアを創っていますね!

 

ーーーーーーーーーーーー
デコール東京よりご案内
ーーーーーーーーーーーー

ご新築、リフォーム等のオンラインコンサルを承ります

また弊社では、下記業務を行っています

◆上質リフォーム、リノベーション

◆プチリフォーム
(壁紙、カーテン、モールディング、キッチン、ドア、照明等)

◆アートのご提案

◆インテリア用品の販売
(家具、装飾品等)

お問合せはこちらからお願いいたします

 

目次
飯沼朋子(建築士・インテリアデザイナー)
機能重視で美しく! ご新築、リノベーション、リフォーム、インテリアコーディネート等、住まいづくりにに役立つコンテンツを書いています。