リノベーション設計&インテリアデザイン
メニュー
DECORホーム >> ブログ >> アート >> アートアドバイザーが購入をサポート|壁に飾るアートをお探しの方へ

アートアドバイザーが購入をサポート|壁に飾るアートをお探しの方へ

こんにちは。 デコール東京・飯沼でございます。

インテリアデザイナーとして仕事をしていますが、アートアドバイザーとして、アート購入のお手伝いもしています。

このアートアドバイザー、少し軽い(?!)響きですが、その職域はグローバルスタンダードで、ハッキリしています。

アートアドバイザーとは

アートアドバイザーとは、お客様がアートを買うアドバイスをしたり、海外やオークションなどで代理購入などをする人のことです。

当然、世界のアートマーケットに明るく、名門ギャラリーのお得意様となっているケースも少なくありません。

アートアドバイザーは、つまり、資産価値のあるアートを扱う人たちのことをさします、世界的には。

アートの価格交渉はもちろん、海外で作品を購入する場合、輸送などの手続きも代行してくれます。

一方日本では・・・

グローバルスタンダードでいうアートアドバイザーもいますが、ごくごく少数派。

日本はマーケットが小さいので仕方ないのかもしれません。

アートアドバイザーの本来の意味を知る人も少なく、ギャラリーなどでアドバイスを行う人、くらいの感じでアートアドバイザーを名乗っている方もいます。

私自身、グローバルスタンダードでいうアートアドバイザーとは少し違います。

お客様のご要望に合わせて、資産価値のあるアートもご紹介できますが、そうではない作品も扱います。

ご紹介できる作品は、

1)資産価値のあるアーティストの作品
2)これから期待できる注目株のアーティストの作品
3)資産価値とは無関係に、インテリア空間をグッとおしゃれにしてくれる作品

です。

3)は、インテリアデザイナーとしては、得意としているところであり、一方、グローバルスタンダードでいうアートアドバイザーにとっては業務範囲外となリます。

資産価値のある作品が欲しい方へ

せっかくアートを買うのなら、資産価値のある作品が欲しいと思う方は多いことでしょう。

資産価値のあるアートとは、一旦買ったアートを、それなりの価格で再販することができるアート。

マーケットで一定の評価を得ているアーティストの作品です。

株や現金と違って自宅で毎日楽しむことができ、そのうちに売ることもできる資産。

最高ですね!

一方で、資産価値のあるアートというと、富裕層のマネーゲームのようで良くない印象を持つ方や、自分とは関係ない、と思う方も多くいらっしゃるかと思います。

実際には、資産価値があるアートと言っても様々な価格帯の様々な作品がありますので、ご予算に合わせてご提案することが可能です。

アートとインテリア

これから期待できる注目株のアーティスト作品が欲しいと思う方へ

とは言っても、一定の評価を得ている作家作品はそれなりの価格がします。

もっと手軽な価格でアートを買いたい。

例えば10万円など。

そしてその10万円のアートが将来いくらで販売できるのか・・・

と考える方もいらっしゃることでしょう。

これは、そのアーティストがどういう人かをよく知る必要があります。

アーティストの中には、価格が上がる可能性がある方と、そうではない方がいます。

それは画力の違いではありません。

画力があるのは大前提として、

作家本人の経歴や考え方、時事性、プロデューサー役の画廊の力などが、大きく関係します。

「経歴」の部分を除いては、芸能人に例えるとわかりやすいかもしれません。

「経歴」とは、学歴、個展の経験、アートフェア出展の経験、アーティストインレジデンスの経験など。

芸能人以上にスターになれる人はほんの一握りとはいえ、将来絵の価格がドーンと上がる可能性があるとしたら・・・ 嬉しいですよね。

気に入って買って、インテリア用品として日々楽しむだけでも満足なのに、

さらに売れる(儲かる)可能性があるというは、アートの大きな魅力です。

インテリアにあうアート

資産価値とは無関係に、インテリアをグッとおしゃれにしてくれる作品が欲しい方へ

上述の通り、インテリア用品として日々楽しむだけでも幸せなのに、さらに将来売れる可能性があるというのは、アートの大きな魅力です。

理想的なアートの買い方と言えるでしょう。

私も、なるべくそのような作家さんの作品をご紹介したいと思っています。

が。

そのアートがいい価格で売れる可能性は・・・残念ながら、現状では、高くはありません。

日本では、アートを買う人が欧米に比べて圧倒的に少なく、一旦誰かが所有した作品の売買をする、セカンダリーマーケット(二次市場)の規模も小さいからです。

それならば、資産価値にとらわれず、インテリア空間をグッと素敵にしてくれる、気に入った絵を買うのでもいいのではないでしょうか。

「好き」で買うのが、本質的な買い方だと思います。

ジュエリーだって投資商品になりますが、大多数の方はそのように考えず、予算に応じて自分に似合うジュエリーを買うでしょう。

アートもそれと同じ。

これを飾ったら、素敵な空間になるなぁ・・・! という、インテリアにぴったりのアートは、そうそう多くはありません。

一点もののアートとの出会い。

買って飾る楽しみ。喜び。

そんな風に思えるアートを買って飾ってみてはいかがでしょうか。

将来は子孫に残すなり、誰かにさしあげるなり、もちろん売れる可能性だってあるわけです。

多くの人がアートを保有すればするほど、売れる可能性は高まります。

需要と供給です。

インテリアにあうアート2

デコール東京のアートアドバイザリーサービス、他社との違い

デコール東京では、お客様のお考えやご要望に合わせて、アートのご提案をしています。

「インテリア空間に合わせる」という視点を持って最適な作品をご紹介できるのは、インテリアデザイナーならでは。

米英では、インテリアデザイナーがアートも扱うというのは珍しくありませんが、日本では一般的ではありません。

弊社では、国内外の様々なアートをご紹介できますし、ご要望があれば、オークションなどへもご案内いたします。

レンタルできるアートもご紹介できます。

また、アートのみならず、アートと合わせたインテリア提案も承ります。

ぜひ、ソファーの後ろがガラーンと空いていたら、素敵なアートを飾ってみてください。

商業施設のアート提案も承ります。

インテリアにあうアート3

 

アートアドバイザー、インテリアデザイナー
飯沼朋子

英国Interior Design School of Londonでインテリアデザインを学び、
Sotheby’s Institute of Artでアートビジネスを学ぶ

 

 

飯沼朋子(建築士・インテリアデザイナー)
機能重視で美しく! ご新築、リノベーション、リフォーム、インテリアコーディネート等、住まいづくりにに役立つコンテンツを書いています。